読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢場とんの味噌カツ美味しいね

名古屋味噌カツの有名店、矢場町矢場とんに行ってきた。

 

今までも、適当なお店で味噌カツに期待して注文してきたけれど、食べてみるとこんなもんかと思ってきた。だから、味噌カツってこんなもんなんだろうって思ってた。でも、どこかでこんなものではないはず!と思ってたからこそたまーに見つけると頼んでみたくなるし、そのうちのさらにたまーに頼んでは食べて、こんなものなのかなと思ってきた。

だから、今日名古屋出張でのランチに味噌カツの超有名店「矢場とん」へいい具合に立ち寄れそうだったので行こうと決めたときにも、あまり期待はしてなかった。

しかし、嬉しいことにその中途半端な期待は、見事に裏切られた、もちろん良い意味で。

メニューには、初めての人に「わらじとんかつ」がオススメされていたけれど、お肉が多過ぎ、味噌カツそんなに食べれないな、飽きるっしょと思い、一番シンプルで値段も一番安いロースかつ定食を選択。

カウンター席だったので厨房の様子を見ながら待っていると程なくロースかつ定食が運ばれてきた。

パッと見て、今までの味噌カツで一番美味しそうだな〜と、それと十分大きいなと思った。しかし、この時点でも、味噌カツを信じきれてはいない、またいつもの感想が残るのではないかという危惧はあった。

f:id:fablabo:20161130180207j:image

一口食べた瞬間その心配は、杞憂に終わった。うまい!うまいよ!矢場とんうまいよ!とすぐにでもお店の人に伝えたくなった。でも、その場で言うのも恥ずかしすぎるので最後、お会計の時に伝えました。

いままで食べてきた味噌カツと呼ばれていたものにくらべ、まず肉が薄く味噌ダレに浸ったコロモとのバランスが良い。肉は、結構叩いて広げてるのかな?肉のジューシー感とコロモの味噌ダレヒタヒタ感がちょうどいい具合に混じり合い、いわゆる絶妙なハーモニー。これまで食べてきたものは、普通のカツに味噌ダレをかけただけのものだったんだろう。ハーモニーを感じることはなかった。

他に良かったこととしては、すりゴマをトッピングできるのも嬉しい。いくら美味しくても味噌味一辺倒はやっぱり飽きる!ゴマをかけることでその風味とコクが加わり、ちょっとしたバリエーションとして認識される。他には、特筆すべきことはない。お味噌もまあ美味しかった。御飯は一杯が小さく少なめなんだけどおかわり自由だから、むしろ万人に開かれたスタイルと言える。大食いの人でなくても「わらじとんかつ」を頼めるように配慮してるのかもしれない。今回は、ロース豚カツと御飯半分おかわりでお腹いっぱいだったけど、次回は是非「わらじとんかつ」にトライしてみたい。